機械システムコース

Mechanical Systems

実験風景

数学から機械知能・航空研修まで

 このコースでは、機械工学の基本である「機械をデザインする」ことを重視しながら、新しい分野を開拓するための基盤となる学力を養います。履修する科目でいうと、数学にはじまり、力学、電磁気学、流体力学、材料力学、計測工学、制御工学、機械設計工学、ナノ加工学etc. …と実に幅広いのが特徴。機械工学の基礎技術を身につけるために、機械知能・航空実験、機械知能・航空研修、計画及び製図なども実践します。

環境に配慮したエネルギーシステムの開発も

これからの社会で機能する「機械をデザインする」ためには、革新的な新素材の開発や、環境や状況に応じて振る舞うことのできる知能システムへの応用が求められています。また太陽エネルギー、風力、水力などの環境適合性に優れたエネルギーシステムの開発分野でも、本コースで学ぶ知識と技術が、大いに発揮されることになるでしょう。これらの分野でリーダーとなる科学者や技術者の育成を目指す。それが機械システムコースです。

授業風景