国際機械工学コース(国際共修型コース)

International Mechanical and Aerospace Engineering Course(IMAC)

授業風景

世界の仲間と学ぶ国際共修型英語での工学学士コース(IMAC-U※)

 本コースは、世界最高水準の研究と教育の場を世界中の全ての若者に提供することを目的に、日本で始めて学科教育を英語化した工学学位コースで、2011年10月に開講しました。現在は留学生を対象としていて、世界各国から日本の文化や科学技術に興味をもって日本で学びたい意欲のある学生が集っています。2017年10月からは、世界最先端学術・研究拠点における英語教育、研究指導の環境を日本人にも開放し、日本で初めて国籍、ジェンダーを問わない、英語教育を基盤とした国際共修工学コースに衣替えします。日本語コースと教育内容は完全に一致していますので、日本にいながら英語での工学教育を受けることができます。なお、卒業研究は本学科の他の7コースにそれぞれ分かれて日本語コースの学生と同一環境で取組んでもらいますが、研究指導も英語で実施します。
※IMAC-U: International Mechanical and Aerospace Engineering Course( Undergraduate Course)

大学院(IMAC-G※※)も英語工学教育を実現

 英語教育は大学院に進学しても連続して受けることができます。既にIMAC-Uの第一期生は2015年3月に3.5年の早期卒業生を輩出し、全員が機械系の大学院前期課程(修士課程)に進学しています。これまでIMAC-Gを修了した学生の中には日本企業に就職した先輩も多数出ています。また博士号を取得し、助教として教員として活躍し始めている先輩もいます。国際共同研究やダブルディグリー制度など海外の一流大学との様々な交流プログラムも充実しており、「世界に開かれた、ワールドリーディングユニバーシティ」としての確固とした基盤を構築しつつあります。是非、世界中に同級生を持つ、世界の技術開発をリードする研究者あるいは技術者を本コースで目指してください。
※※IMAC-G: International Mechanical and Aerospace Engineering Course (Graduate Course)

授業風景